de:code 2017に登壇します

皆さんこんにちは。国井です。

私は普段、マイクロソフトのソリューションを中心に様々なトレーニングを色々と担当させていただいているのですが、この半年ほどはEMS (Enterprise Mobility + Security) のトレーニングに集中して担当させていただきました。その中でEMSの内容について満遍なくお伝えすることができたかと言われると、やっぱり少し反省があります。EMSはAzure AD Premium、Microsoft Intune、Azure Information Protectionなどから構成されるソリューションなのですが、どうしてもAzure AD PremiumとMicrosoft Intuneに多くの受講者の方々の関心は強く、私もそれに合わせてお伝えをしていると、Azure Information Protectionの情報って、あまり多くをお伝えすることができないのです。

そんな折、Azure Information Protectionについてもっと知りたい、データ保護技術についてもっと知りたい、という方のために、幸運にも2017年5月23-24日開催の日本マイクロソフト社のイベントde:code 2017でお話しさせていただく機会をいただくことになりました。

■de:code 2017
https://www.microsoft.com/ja-jp/events/decode/2017/default.aspx

セッションは「Windows と Azure、2つの Information Protection をディープに解説!」というタイトルで、Azure Information ProtectionとWindows Information Protectionという2つのデータ保護技術について解説します。
Azure Information Protection(AIP)とWindows Information Protection(WIP)の使い分けから、利用シーン別の効果的な活用方法、さらにはSIベンダーの方がお客様とお話しするときにお客様から突っ込まれそうなことに対する回答例など、次の日から役立つようなコンテンツを用意してご紹介しようと考えています。

このセッションを受けていただきたい人は

・暗号化されたZIPファイルを添付して、パスワードは次のメールで送る行為
をもうやめたい人/やめさせたい人
・持ち運びするデバイスに保存するデータを安全に保護したい人

です。

2017年4月28日まで早期割引を設定しているそうなので、会社で早めに稟議を通していただいて、ご参加いただければと思います。
それでは、会場(ザ・プリンス パークタワー東京)でお会いしましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*