Multi-Factor Authentication Server 再インストール時の注意点

皆さんこんにちは。国井です。

先日、自分のADFS環境にインストールされているMulti-Factor Authentication Serverを久しぶりに利用しようと思ったら、全く言うことを聞かなくなってしまい、再インストールすることにしました。驚いたのは、Multi-Factor Authentication Serverのバージョンが変わって、インストール方法などが変わっていたことだったのですが、それよりもっと驚いたのは再インストール後にMulti-Factor Authentication Serverを起動したら、

「現在のマスター Multi-Factor Authentication Server の判別中にエラーが発生いたしました。ユーザーインターフェイスを終了します。」

のダイアログが表示されたことです。

image

このトラブルについて、トラブルシューティングしてみましたので、
その一部始終を(もちろん結果もあるよ)以下に記しておきます。

■ ■ ■

まずはログを見て原因を確認しようと思い、Program Files\Multi-Factor Authentication Server\logsフォルダーからMultiFactorAuthUI.logファイルを開くと、

image

文字化けするので、メモで名前をつけて保存をクリックし、UTF-8形式で上書き保存したら、
その後に表示されるログは正しく日本語で表示されるようになりました。

image

しかし、このログを見ても問題の原因になるようなものは何も見つけられませんでした。
そこで、Program Files\Multi-Factor Authentication Serverフォルダー内のファイルを見ていたら、DataフォルダーにlicenseKeyという名前のファイルを見つけました。
上記のエラーはAzure MFAのサービスとMFA Serverのマッピングに問題があることを指摘しており、その問題はMFA Server側?に以前のキャッシュが残っていることが原因なのだろうと予測していたので、licensekeyというファイル名は怪しいと思い、
ファイル名をlicensekey.oldと変えてみました。

image

その上で、もう一度MFA Serverを起動すると、正しく起動しました。

image

誰かの役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*