【Windows Azure Virtual Machine】ntds.ditの保存場所について

以前、【Windows Azure Virtual Machine】仮想マシンの作成 ~ ドメインの作成の投稿の中で、
Windows Azure Virtual Machine(WAVM)でドメインコントローラーを作成する方法について紹介しました。

ドメインコントローラーをインストールするときに、既定ではADのデータベースとSysvolフォルダーに
c:windowsフォルダーが指定されていますが、CドライブにデータベースとSysvolフォルダーを保存してはいけません。

ドメインコントローラーのデータベースとSysvolフォルダーの場所としてCドライブを使うというのは
WAVMでなくても推奨されたやり方ではありませんが、WAVMでは別の理由からCドライブを利用するべきではありません。

OSがインストールされているCドライブは書き込みキャッシュを持つドライブであり、キャッシュがディスクに書き込まれる前に障害が起きたりすると、データが保存されないという問題が起きます。
そのため、Cドライブのディスクとは別のディスクを作成し、そのディスクにデータベースとSysvolフォルダーを
保存するように構成してください。

WAVMで新しくディスクを作成するときは、WAVMのポータルから仮想マシンの設定画面を開き、
[ATTACH]-[ATTACH EMPTY DISK]を選択します。

image

すると、新しい仮想ディスクが作成され、選択した仮想マシンにマウントされます。
仮想マシンから[Computer Management]管理ツールの[Disk Management]を開くと、
新しいディスクがマウントされていることが確認できます。このディスクをフォーマットして利用できるようにしておきます。

image

画面に表示されているディスク一覧のうち、Disk2が新しくマウントしたディスクになります。
(この例ではFドライブになります)
このFドライブをデータベースとSysvolフォルダーを保存するドライブとして利用します。

image

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*