UAGのセットアップ

2011年11月28日~30日の日程で開催されたADFS2.0コースは、おかげさまで好評のうちに終了しました。
ご参加いただきました皆様、大変お疲れ様でした。(ご参加いただきありがとうございました)
次回の開催は2012年3月21日~23日です。
組織間やクラウドとのID連携をADFSサーバーで実装したいと考えている方は
良い機会だと思いますので、ご検討いただければと思います。
コースの詳細についてはこちらからご確認いただけます。

■ ■ ■

インターネット経由でADFSサーバーにアクセスするとき、Windows Phoneから社内のSharePointサーバーにアクセスするとき、
Unified Access Gateway(UAG)はインターネットと社内のネットワークのゲートウェイとして利用することがあります。
UAGは、SharePoint ServerやExchange Serverなどの社内のリソースをインターネットに公開することで、
インターネット上からの社内のリソースへのアクセスを実現するのですが、
UAGのユーザーインターフェイスが英語なので、使うときにちょっと戸惑います(私だけ?)。
そこで、UAGのセットアップ方法をまとめておきましたので、試してみたい方は参考にしていただければと思います。

■ ■ ■

UAGのセットアッププログラムを実行すると、下の画面が出ます。
Install forefront UAGをクリックします。

UAG01

セットアップウィザードが始まるので、Nextをクリック

UAG02

ライセンス契約画面は、内容を読んでから、I accept the License~を選択し、
Nextをクリック

UAG03

インストール場所を選択して、Nextをクリック

UAG04

ウィザードが完了したらFinishをクリック
このとき、Restart nowを選択していれば、再起動が実行されます。

UAG05

再起動後、UAG Forefront Managementプログラムを実行すると、
下の画面が表示され、初期設定を行うことができます。
1から順番にクリックして初期設定を開始します。

UAG06

1のConfigure Network Settingsでは、ネットワークアダプタの設定を行います。
まずは、次へをクリック

UAG07

下の画面で、インターネット向けのアダプタ(External)と内部向けのアダプタ(Internal)を
それぞれ指定します。できたら、次へをクリック

UAG08

下の画面では、内部ネットワークとなるIPアドレスの範囲を指定します。
できたら、次へをクリック

UAG09

ここまでの設定を確認し、完了をクリックします。
すると、UAGサーバーに取り付けられている2枚のNICがそれぞれ
インターネット向け/内部向け、という設定が完了します。

UAG10

続いて2をクリック

UAG11

2では、サーバーアレイの構成を行います。
サーバーアレイとは、複数のUAGサーバーでゲートウェイの役割を実装する構成です。
サーバーアレイを構成すれば、サーバーの冗長化や負荷分散を実装できます。
まずは、次へをクリック

UAG12

といいつつ、今回の検証では、単一のサーバー(Single Server)で構成します。
次へをクリック

UAG13

設定を確認して、完了をクリックすると、サーバー構成が確定します。

UAG14

最後に3をクリックします。

UAG15

3では、Microsoft Updateを利用するか指定します。
まずは、次へをクリック

UAG16

下の画面で、Microsoft Update使用の有無を選択します。
Use Microsoft Update~を選択すれば使用することになります。
選択したら、次へをクリック

UAG17

Customer Experience Improvement Programでは、プログラム参加の有無の
選択を求められます。当然、ここはYesを選択して、次へをクリック

UAG18

設定を確認して完了をクリック

UAG19

以上で、UAG利用の初期設定を完了します。

UAG20

ここが重要なポイントです。
UAGでは設定を行っても、Activateという操作を行わないと、
設定が反映されません。
そのため、初期設定が完了すると、Activateしますか?
という趣旨のダイアログが表示します。
必ず、はいをクリックしてActivateしてください。

UAG21

ここからActivateが開始します。
Activateを行うときには、同時にActivate前の設定のバックアップを
行うか、選択できるようになっています。
バックアップしておけば、Activateに失敗したときや、ロールバックが必要になった時などに
簡単に設定を復元できるメリットがあります。
ただし、だれでも簡単に復元できてしまうと問題なので、復元するときには
パスワードを指定するようになっています。
その復元用のパスワードとバックアップの保存場所を下の画面では指定します。
UAG22

Activateが開始します。
Activateと同時にバックアップを行う場合には、チェックボックスにチェックをつけて
Activateをクリックします。

UAG23

完了したら、完了をクリックして終了です。

UAG24

ここまでのところで、UAGのセットアップと初期設定は完了です。
この後、社内のリソースをインターネットに公開するための設定が必要になります。
その設定については、次回以降の投稿で紹介します。

■参考情報
http://technet.microsoft.com/en-us/library/gg274295.aspx

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*