Intuneの同期を今すぐ実行する

皆さんこんにちは。国井です。

今日は簡単なTipsです。
Windows 10 コンピューターがMicrosoft Intuneに登録されている場合、定期的にコンピューターはIntuneと通信(同期)して新しいポリシー設定やアプリの設定などを受信します。ところが、しばらく通信が行われていなかったり、検証環境だったりすると、「今すぐ同期してくれ!」ってとき、あると思います。

本来であれば、Windows 10コンピューターの[設定]アプリから[同期]のボタンをクリックして同期しますが、

image

これをコマンドで実行したい。そんなときは deviceenroller.exe を使います。

deviceenroller.exe ファイルは c:\windows\system32 フォルダーに入っているツールで、実は[同期]ボタンをクリックしたときにも同じコマンドが実行されています。
タスクスケジューラの[Microsoft]-[Windows]-[EnterpriseMgmt]からID番号の入ったフォルダーを開くと、Schdule #1で始まるタスクが登録されており、

image

この中にdeviceenroller.exeコマンドが入っていることがわかります。
実行するときは

c:\windows\system32\deviceenroller.exe /o “ID番号” /c

のように入力します。

ID ってどうやって調べる?

deviceenroller.exe を実行するときのID番号ですが、Enrollment IDといって、Intuneにデバイスを登録することで生成されるIDです。
ところがこのID、クラウド側ではだれに何番が割り当てられているのか、わからないんですよね…

自分のコンピューターのID番号だったら、タスクスケジューラから調べればいいんだけど、他のコンピューターのIDとなると… 残念ながらわかりません(簡単な方法があったら、どなたか教えてください!)。
ということで、私はMicrosoft Defender ATP(MDATP)を使ってみました。

MDATPのポータルサイトにアクセスし、特定のコンピューターを選んで、タイムラインを表示させたうえで、deviceenroller.exeで検索すると、過去にdeviceenroller.exeを実行した履歴がわかります。

image

もっと良いやり方あると思うんですけどね..
いずれにしても調べた結果に基づいて、コンピューターでコマンドを実行すると、同期が勝手に始まります。

ちなみに結果についてはイベントビューアの[アプリケーションとサービス ログ]-[Microsoft]-[Windows]-[DeviceManagement-Enterprise-Diagnostics-Provider]より確認できます。

スポンサーリンク







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください