Azure AD Connect同期実行時のトラブルシューティング

皆さんこんにちは。国井です。

今日はちょっとした小ネタです。
先日、訳あって30回ぐらいAzure Active Directory Connect (AAD Connect) のインストールと同期実行を繰り返す機会があり、そんな中で、初回の同期からいきなりエラーで同期されない!というトラブルがありました。

イベントビューアでApplicationログを見てみると、Error Validating Credentialの文字があります。

image-4

Azure ADにアクセスするときの資格情報に問題があるというのです。
AAD Connectで同期するときは、AAD Connectが実装する同期専用アカウントを使うのですが、そのアカウントに問題があるとは、なんで??という感じですが、こういうときには落ち着いてスタートメニューからSynchronization Service Managerを起動し、
Azure ADコネクターのプロパティを開いて、ユーザー名とパスワードにAzure AD全体管理者の資格情報を入れてあげれば、

image

ご覧のように同期が始まりました。

image

キーワードで検索して入ってきた方がほとんどだと思いますが、
Office365認証ベストプラクティス」コースでもログの見かた、トラブルシューティングは色々と実践できますので、こちらもご覧いただければ幸いです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*