SCCM トレーニング、始めました

皆さんこんにちは。国井です。

前回の投稿で、Microsoft Intune評価ガイドの話をさせていただきましたが、
Microsoft Intuneは単体で使う方法と、
System Center Configuration Manager (SCCM) を使う方法があります。

SCCMを利用することによって、組織のデバイスの管理対象を
Windows, iOS, Androidだけでなく、
LinuxやMacOSまで広げることができますし、
デスクトップ系OSの管理機能はIntuneよりも多くのことができますよ

こんなセールストークを聞いたことがある人もいるかと思います。
しかし、一方でSCCMの情報は日本語化されたものが少なく、
一部のSIerさんからは、SCCMのエンジニアが不足している、
なんて話を聞くぐらい、SCCMを利用するために必要なリソースが少ないのが現状です。

SCCMが必要になった場合、SCCMに明るいエンジニアをどこかから雇うのもひとつの方法ですが、トレーニングを活用して、低コストにSCCMに対応できるようにしてみてはいかがでしょうか?

というわけで、マイクロソフト オフィシャル カリキュラム(MOC)の一環として、
クリエ・イルミネートさんで提供するSCCM 2012 R2のコースに、
2015年6月から私が登壇させていただくことになりました。

■#MSU10747
Administering System Center 2012 Configuration Manager(R2)
http://www.crie-illuminate.jp/Pages/MSU10747.aspx

2015年5月28日追記
2015年6月以降、SCCMトレーニングはグローバルナレッジネットワークさんでの開催に切り替わりました。
私自身は引き続き登壇させていただく予定ですし、これまでよりも開催を増やしていく予定ですので、どうぞよろしくお願いいたします。

■#MSU10747
Administering System Center 2012 Configuration Manager(R2)
https://www.globalknowledge.co.jp/reference/course_details.aspx?code=MSC0542V

コースでは、5日間かけて、SCCMの持つ膨大な機能をひとつずつ丁寧に見ていくことはもちろんのこと、運用管理やトラブルシューティング(←これ、大事なポイント)もご紹介していきます。

SCCMについては私自身、マイクロソフトさん提供の評価ガイドを執筆協力させていただく形で、これまでアウトプットを出してまいりましたが、
ページ数の制約などにより、評価ガイドの中では書けなかったことなども
ご紹介させていただく予定ですので、ご興味がありましたら、ぜひ参加してみてください。

最後に、大事なポイントをひとつ。
このコースは、マイクロソフト オフィシャル カリキュラムのコースなので、
マイクロソフトのソフトウェア アシュアランス(SA)のライセンスをお持ちの会社さんは
SAの特典を利用してトレーニングを受講することができます!
http://www.microsoft.com/ja-jp/licensing/software-assurance/by-benefits.aspx#tab=2

コストを抑えてトレーニングを受講できますので、合わせて検討してみてください。

それでは、クラスルームでお待ちしています!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*