Office 365管理者のためのディレクトリ同期ツール入門(3)

みなさん、こんにちは。国井です。

今回はOffice 365管理者のためのディレクトリ同期ツール入門の第3回目として
ディレクトリ同期ツールを使ってディレクトリの同期が一部のユーザーだけで行われるように構成する方法について紹介します。

まずは前回も紹介したスライドから。

image10[1]

前回も、その前も、Active Directory Connector MA(ADMA)とWindows Azure Active Directory MA(AzureMA)がディレクトリ同期ツール内に作られ、メタバースを経由して同期が行われることを紹介しました。
そして今回、ADMAでフィルターを設定し、同期しないオブジェクトがメタバースに書き込まれないように構成することで、一部のユーザーだけがOffice 365(Microsoft Azure Active Directory)へ同期される方法を
いくつか見たいと思います。

■その1:同期されるドメインのフィルター

同期を行うActive Directoryドメインが複数ドメイン(シングルフォレスト–マルチドメイン)構成の場合、一部のドメインユーザーだけが同期されるように構成することができます。その場合、ADMAのプロパティを開いて、[Configure Directory Partitions]から該当するドメインにチェックをつけます。
これだけで同期対象となるドメインを絞り込むことができます。

MIIS023

■その2:同期されるOUのフィルター

同期を行うActive Directoryドメインの中から一部のOUだけを対象に同期させたい場合には該当するOUだけを選んで同期させることができます。その場合、ADMAのプロパティを開いて、[Configure Directory Partitions]から[Containers]をクリックして、該当するOUにチェックをつけます。

MIIS026

■その3:同期されるユーザーのフィルター

同期を行うActive Directoryドメインの中から特定の属性を持つユーザーだけを対象に同期させたい場合、同期対象となる属性とその値を設定することができます。
その場合、ADMAのプロパティを開いて、[Configure Connector Filter]から[Data Source Object Type]の[User]をクリックして、Filterを設定します。Filterには同期させたくない属性とその値を設定します。

MIIS027

ディレクトリ同期を使っていて、Administratorユーザーがなんで同期されないの?ディレクトリ同期ツールをインストールすると作られるMSOL_の名前で始まるユーザーがなんで同期されないの?という疑問を持った方も多いと思いますが、それはこのフィルターが設定されているからです。

たとえば、Administratorの場合、isCriticalSystemObject属性がTrueと設定されています。そのため、フィルターの設定により同期されません。また、MSOL_の名前で始まるユーザーもsAMAccountName属性がMSOLで始まる場合には同期されないようにフィルター設定が施されています。そのため、同期されないのです。このように、デフォルトでは15個のフィルターが設定されていますが、管理者がフィルター設定を増やせば、もっと様々な条件をもとに同期するユーザーを絞り込むことができます。

他にもフィルターする方法はいろいろ考えられますが、大きなところとしては以上の3つが使われる可能性の高いフィルターといえます。みなさんの会社のニーズに合わせてぜひ活用してみてください。

2014年の投稿もこれで終了です。
それでは、よいお年をお過ごしください。
Hoping you enjoy a happy new year!

■参考サイト
Office 365 Directory Synchronization In-Depth
http://www.messageops.com/documentation/office-365-documentation/office-365-directory-synchronization-in-depth

Active Directory Filtering for Office 365 Directory Synchronisation (Dirsync)
http://netwovenblogs.com/2014/12/02/moving-from-on-premise-to-office-365windows-azure-part-4/

FIM2010 Terminology and Glossary
http://technet.microsoft.com/en-us/library/ee534910(v=WS.10).aspx

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*