ディレクトリ同期を今すぐ実行する方法 – 2014年版

こんにちは、国井です。
2012年2月に「Office 365ディレクトリ同期を今すぐ実行」という投稿をさせていただき、
多くの方に見ていただきました。

最近、Office 365 (Azure Active Directory)とActive Directoryの間で実行する
ディレクトリ同期ツールによるディレクトリ同期を今すぐ実行する方法が変わったようなので、
備忘録代わりに乗せておきます。

ディレクトリ同期を今すぐ実行する場合、Start-OnlineCoexistenceSyncコマンドレットを実行しますが、このコマンドレットが

Import-Module DirSync

から呼び出されるようになりました。

ですので、次の2つのコマンドレットを実行すれば今すぐ同期が行えます。

image

結果はMIISClientツールから確認してみましょう。

image

大図↓

image

既定の3時間という間隔を待たず、すぐに実行されていることがわかります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメント

  1. […] 2014年10月に「ディレクトリ同期を今すぐ実行する方法 – 2014年版」という投稿をさせていただき、 Start-OnlineCoexistenceSyncコマンドレットが有効だという話をさせていただきました。 […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*