SCCMクライアントのインストール失敗

SCCM 2012 SP1のクライアントエージェントをインストールする際、ccmsetup.exeをクライアントコンピューターから実行する、いわゆる手動インストールを行うと、インストールに失敗するケースが私のところであったので書き置きしておきます。

現象

\<SCCMサーバー名>SMS_<サイトコード>clientccmsetup.exeを実行すると、
クライアントコンピューターのc:windowsccmsetuplogフォルダに以下のようなログが生成されます。

ccmsetuperror

ccmseup.exeを実行すると、ともに実行されるプログラムのMicrosoftPolicyPlatformSetup.msiの実行エラーのようです。
(SCCM管理者にはおなじみ、0x800040005エラーが吐き出されてますね)

原因と解決方法

MicrosoftPolicyPlatformSetup.msiのエラーって、いったい何だろうと思って調べてみたら、びっくり。
以下のサイトの情報によると、このファイルの証明書(コード署名の証明書?)が2013年1月10日で切れているというではありませんか!

http://www.myitforum.com/forums/Error-installing-SCCM-2012-SP1-Client-MicrosoftPolicyPlatformSetupmsi-m238419.aspx

そこで、ドメインコントローラーから日付を2013年1月10日以前にしてみて、
もう一度インストールしてみると、今度は成功しました。
成功する場合、前提条件チェックを行うccmsetup.exeのプロセスの後、
MicrosoftPolicyPlatformSetup.msiの実行
Client.msiの実行と順に行われ、
その結果は各セットアッププログラムのログで確認できます。

■補足
この問題を自力で解決したと思ったら、サポート技術情報に回避策が掲載されていました。
http://support.microsoft.com/kb/2801987

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*