クラウドからActive Directoryのパスワードを変更する方法

Office365+ADFSのシングルサインオンを実装するときに、
「外出先からActive Directoryのパスワードを変更できませんか?」
というリクエストをよくいただきます。
今までにも外出先からActive Directoryのパスワードを変更するためのやり方はあったのですが、
Microsoft Azureを使えば、ずいぶんと簡単に実装できるので、今回はずばり
「クラウドからActive Directoryのパスワードを変更する方法」ということで紹介します。

 

今回は、Microsoft Azure Active Directory Premiumに含まれるパスワードリセット機能を利用します。パスワードリセット機能は、Microsoft Azureが用意するポータルサイトから新しいパスワードが設定されると、パスワードがディレクトリ同期ツールを経由して最終的にActive Directoryユーザーのパスワードを変更するというものです。

image

前提条件は、Microsoft Azure Active DirectoryとオンプレミスのActive Directoryの間でディレクトリ同期を行っているか、もしくはADFSによるシングルサインオンを実装している場合です。

早速はじめましょう。
いつものように、まずは作業の流れを確認しましょう。

1.Microsoft Azure Active Directoryの契約
2.Microsoft Azure管理ポータルにMicrosoft Azure Active Directoryを追加
3.Microsoft Azure Active Directory Premiumの契約
4.ユーザーパスワードのリセットポリシー
5.パスワードリセット時に利用する携帯電話番号等の登録
6.パスワードリセットの実行

では、順番に見ていきます。

 

 

1. Microsoft Azure Active Directoryの契約

Office 365を契約している場合、既にMicrosoft Azure Active Directory(AAD)のテナントを保有しているはずですので、このステップは省略できます。持っていない人は、2.の手順で追加できます。

 

 

2.Microsoft Azure管理ポータルにMicrosoft Azure Active Directoryを追加

AADのテナントは、Azure管理ポータルに追加して利用する必要があります。

追加方法は、「Windows Azure Active Directoryのアプリケーション連携」の手順1.と2.でそれぞれ紹介していますので、参考にしてください。

 

 

3.Microsoft Azure Active Directory Premiumの契約

Azure管理ポータルからAADテナントを開き、[ライセンス]タブから評価版を契約することができます。取り急ぎ使いたい方は、まずは評価版を契約し、パスワードリセット機能を利用するユーザーにライセンスを割り当てておいてください。
(ライセンスを割り当てるときは、ユーザーの[利用場所]として国(日本など)を指定しておく必要があります。)

 

 

4.ユーザーパスワードのリセットポリシー

AAD Premiumが有効になると、Azure管理ポータルからAADテナントを開き、[構成]タブから[ユーザーパスワードのリセットポリシー]という設定を有効にすることができます。
([パスワードのリセットが有効になっているユーザー]を[すべて]に設定します)

image

 

 

5.パスワードリセット時に利用する携帯電話番号等の登録

AADはPremiumであるか・ないかに関わりなく、アクセスパネルと呼ばれるポータルサイトが用意されています。(アクセスパネルの活用についてはこちらでも紹介しています)

アクセスパネル(https://myapps.microsoft.com/)にアクセスして、
AADユーザーでサインインすると、

image

[プロファイル]タブから[パスワードの再設定用に登録する]をクリックして、携帯電話番号の登録を行えます。

image

電話番号等の登録が完了したら、準備完了です。

 

6.ディレクトリ同期のカスタマイズ (2014年8月6日追記)

クラウドから変更されたパスワードは最終的にオンプレミスのActive Directoryに保存されなければなりません。そのため、ディレクトリ同期ツールを使って、AADからActive Directoryに同期されるようなカスタマイズを行う必要があります。
この設定には次のコマンドレットを使います。

Import-Module DirSync
Enable-OnlinePasswordWriteBack

これにより、今までAD→AAD一方向だったディレクトリ同期ツールは、
AAD→ADの同期も行うようになります。

 

7.パスワードリセットの実行

パスワードを忘れたとき、パスワードリセットするときは
パスワードリセット用サイトにアクセスします(http://passwordreset.microsoftonline.com)
(Office365等のサインイン画面でも「アカウントにアクセスできない場合」というリンクを
クリックすれば、同じサイトにアクセスできます)

image

パスワードリセットサイトでは、いきなり下の画面が出てくるので、ユーザー名とCAPTHA(って言うんでしたっけ?)を入力して、

image

あらかじめ登録した携帯電話にSMSまたは電話をかけて、本人確認を行います。

image

SMSを選択した場合、SMSで6桁の番号を送ってきてくれるので、その場合を入力して、

image

いよいよ新しいパスワードを設定します。

image

これで完了です。

image

あとは、ディレクトリ同期が実行されれば、Active Directoryのパスワードも書き換わります。
なお、Active Directoryのパスワードは変更するのではなく、リセットするというのが正しい表現になります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメント

  1. […] 定期的にパスワードを変えないといけない会社は多いけど、しばらくオフィスにいない人はパスワード変更が難しい。こういうときに外出先からActive Directoryユーザーのパスワードを変えられるのはうれしい。 出展:クラウドからActive Directoryのパスワードを変更する方法 […]

  2. […] オンプレミスのActive Directoryに同期させる機能です。 (「クラウドからActive Directoryのパスワードを変更する方法」で紹介したEnable-OnlinePasswordWriteBackに相当する操作です) それから、Azure […]

  3. […] 2014年7月に「クラウドからActive Directoryのパスワードを変更する方法」という投稿で、 Azure Active Directory Premiumを利用することで、Microsoft Azure […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*