SCCM 2012 SP1 インストール

以前、SCCM2012のインストール方法について紹介しました。
当時、Beta版だったこともあり、後から自分のブログを見ながら、インストールを試してみたら、
追加で実装しておかなければならないコンポーネントなども多々あることに気が付きました。
(このあたりは「評価ガイド – 基本環境構築編」というインストールのステップバイステップガイドが役に立つと思います。)

さらに、Windows 8やWindows Server 2012をサポートするためにはSCCM2012 SP1が必要です。
SCCM2012 SP1では、RTMから前提条件が変わっていることもあるので、
SCCM2012 SP1をインストールする方法について、 備忘録代わりに改めてまとめておきたいと思います。

■必須となる前提条件 (変更点のみ)

以下に必須となる前提条件をRTMからの変更点のみ記載します。
RTM時の前提条件は、前述の評価ガイドが役立ちます。

SQL Serverのバージョン
私はSQL Server 2012とCumulative Update 2の組み合わせで確認しました。
(ベータのときには可能だったSQL Server 2012 and Cumulative Update 1の組み合わせはNG)
・そのほかのバージョンについては以下のサイトが参考になります。
http://technet.microsoft.com/en-us/library/gg682077.aspx#BKMK_SupConfigSQLSrvReq

追加ソフトウェア
・PowerShell 3.0
Windows Assessment and Deployment Kit (ADK)
・Windows PE (ADKからインストール可能)
・User State Migration Tool (ADKからインストール可能)

image
▲ADKからWindows PEとUSMTを追加した様子

■SCCM2012 SP1のインストール方法

プログラムを実行すると、セットアップ画面が表示されます。
[インストール]をクリックして開始します。
CMSP1-001

[次へ]をクリックします。
CMSP1-002

ここでは、新規にSCCM2012 SP1をインストールしますので、
[configuration Managerプライマリサイトをインストールする]を選択して進めます。
このとき、サイトを階層化して運用する場合、スタンドアロンのサイトではなく、中央管理サイトを選択して
インストールします。
CMSP1-003

プロダクトキーを入力して次へ
CMSP1-004

使用許諾契約に許可するため、[ライセンス条項に同意する]にチェックをつけ、次へ
CMSP1-005

前提条件となるプログラムの使用許諾契約にも、それぞれチェックをつけて許可し、次へ
CMSP1-007

前提条件ソフトウェアのダウンロードを行うので、ダウンロード先となるフォルダーを[必須ファイルをダウンロードする]で指定して、次へ
CMSP1-008

SCCMのサイトコード、サイト名、インストール先をそれぞれ入力して次へ
(このとき、[Configuration Managerコンソールのインストール]にチェックをつけておけば、
コンソールも一緒にインストールされます。→これはSP1 Betaにはなかった技です)
CMSP1-009

カスタマーエクスペリエンス向上プログラムの参加・不参加を選択して、次へ
CMSP1-010

内容を確認して次へ
image

前提条件チェックが行われ、前提条件を満たしていない場合には、メッセージが表示されます。
(オプションの条件の場合は、警告として表示されます)
条件を満たすように構成したら、[インストールの開始]をクリックしてインストールを開始します。
CMSP1-013

一度でもSCCMをインストールしたことのある人なら、良くご存じだと思いますが、SCCMそのもののインストールよりも
前提条件を満たすように必要な設定やコンポーネントのインストールを行うことのほうが大変です。
前提条件のところでは、出てきたメッセージによく注目しておくことが重要ですね。

■参考情報
Supported Configurations for Configuration Manager(英語)
http://technet.microsoft.com/en-us/library/gg682077.aspx#BKMK_SupConfigSQLSrvReq

・SP1で追加されるSCCM2012の新機能
What’s New in Configuration Manager SP1
http://technet.microsoft.com/en-us/library/jj591552.aspx
How to install and configure System Center 2012 Service Pack 1 CTP2 (SP1 CTP2) on System Center 2012 Configuration Manager (SCCM2012)
http://systemcenter2012.com/blogs/vnext/archive/2012/07/02/how-to-install-and-configure-system-center-configuration-manager-2012-sccm2012.aspx

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメント

  1. […] SCCMをインストールします。インストール方法については、他の投稿を見ていただくこととして、ここではhttpsベースの管理ポイント、配布ポイントを実装するための設定箇所だけ紹介します。 […]

  2. […] 第2位 computerworld.jp終了です 第3位 SCCM 2012 SP1 インストール 第4位 【101シリーズ】パフォーマンスモニタ徹底攻略 ~ […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*