Windows Azure PowerShellツールのインストール

前回の投稿でWindows Azure Virtual Machineによる仮想マシンの作成を紹介しましたが、
仮想マシンの運用管理はAzureのポータルサイトからだけではなく、PowerShellでも可能です。
ところが、そのWindows Azure PowerShellツールのインストールにちょっとだけ苦労したので、
備忘録代わりに載せておきます。

■ ■ ■

Windows AzureのサイトからWindows Azure PowerShellをダウンロードします。
(下の画面からダウンロードできます。Windows、Mac、Linux版があるのは驚きですね)

image

ダウンロードしたWindows Azure PowerShellを実行してインストールします。
このとき、Microsoft Web Platform Installer 4.0が必要になります。
インストールされていない場合には、自動的にMicrosoft Web Platform Installer 4.0の
ダウンロードサイトにアクセスし、ダウンロードとインストールを行ってくれます。

Microsoft Web Platform Installer 4.0のインストールが完了すると、
以下のステップでWindows Azure PowerShellのインストールができます。

WAVM101

WAVM102

インストールが完了すると、
スタートメニューから[すべてのプログラム]-[Windows Azure]-[Windows Azure PowerShell]で
Windows Azure PowerShellのコマンドレットを実行できるようになります。

WAVM103

ちなみにインストールしたPowerShellツールから自分のテナントのリソースを管理する場合、
https://windows.azure.com/download/publishprofile.aspxからダウンロードしたファイルを
Import-AzurePublishSettingsFileコマンドレットで読み込ませてあげます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*