どうでもよい話 – SysinternalsソフトウェアのEULAが保存される場所

 
突然ですが、Sysinternalsのソフトウェアって便利ですよね。
インストール不要で、ありそうでなかったツールを色々提供してくれるので
本当に重宝しています。
 
ただ、インストールしなくても、使えば必ず保存される情報がひとつだけあります。
これがそうですね。
 
 
マシンで初めて起動すると、表示されるダイアログ。
Agreeを押すと、その情報はどこに保存されるのでしょうか?
 
気になったので、調べてみてました。
調査に使うのはもちろん、SysinternalsのProcess Monitorです。
Process MonitorはWindows上で行われたファイルアクセスやレジストリアクセスなどを
リアルタイムで記録してくれるソフトウェアですね。
これを使って、同じくSysinternalsのProcess Explorerを初めて起動するときに
表示されるEULAの画面でAgreeボタンを押したときの操作を見てみます。
 
 
 
ちょっと見にくいのですが、上から5番目の行(ハイライト部分)を見ると、EuraAcceptedとあるではありませんか! 
レジストリエディタでこの項目を見ると、やっぱりありました。
 
 
Agreeボタンを押したかどうかはEuraAcceptedの部分で判断しているのですね。
実際に、Process Explorerキーごと削除して、もう一度Process Explorerを起動してみると、
やっぱりもう一度、EULAの画面が表示されます。
 
ちなみに、このキーにはAgreeボタンを押したかどうかの情報の他に
ソフトウェアで使用するパラメータも保存されているようですね。
 
以上、全くどうでもよい話でした。 
 
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*